学ぶ

ブラウザで楽譜作成Flat(4)-ピアノ、MusicBox、オカリナを追加して完結!

楽譜作成アプリFlat ピアノ、MusicBox、オカリナを追加して完結!

前の記事からだいぶ空きました(汗)。
今回は楽譜作成Flatアプリ、無料でできる範囲での完結版にしたいと思います!

前回の記事はこちら

楽譜作成アプリFlat 譜面上からできる変更と移調
ブラウザで楽譜作成Flat(3)-譜面上からできる変更と移調 コントラバスの入力楽譜作成ツールFlatを使って楽譜を作成します。譜面上から変更できる機能や移調の仕方を説明します。コントラバス部分の入力も行いました。...

前回のおさらい

(1)(2)(3)では楽譜の入力の仕方、その他の機能などの解説をしながら、メロディーはバイオリン、ベース部分はコントラバス。
どちらも4分音符と2分音符のみで形成と、入力の基本をつかんでいただけたのではないでしょうか。

モフ子

いやー、そこまででやりっぱなしでした。

ピアノ、左手を追加

なんとなく今日の気分で左手から作っていきます。

ほぼ8分音符のみです。

なんとなく「バロック調」ですね。(自分で思ってるだけかも)
これだけでも成立しそうな雰囲気になってきました。

作っておいてなんですが、めっちゃ弾きにくいそうですね。
譜面をおこしただけで弾いてないんですが、指使いどうするねん!!!
でもまあ、これはこれで。

ピアノ、右手を追加

譜面を見る限り、右手が伴奏なんでは?と感じていだけますでしょうか。

頭の中で鳴った音を再現したらこんな感じになったので、そのまま右手として活かします。

MusicBox、オカリナも追加!

はじめの設計段階ではバイオリン、コントラバス、ピアノ、MusicBoxだけでしたが、途中部分のみオカリナを追加してみました。

普通ピッコロだろ!って言われそうですが、なんとなく音の感じでオカリナをチョイス。少し柔らかめですかね。

MusicBoxのところにメゾフォルテを入れてあるのがわかりますでしょうか。

途中部分をピアノ(少し小さく)したかったため、最初と後半の同じメロディ部分はメゾフォルテとして強弱を付けました。

ピアノ右手なんかもこのままだとシンコペーションなんで2分音符の「ビャーン」が目立ってしまいます。

強弱記号を入れてやることで、パソコンで再生したときのなめらかさは出せるのですが、面倒なので他の細かいところは指定しておりません。


いかがだったでしょうか。

楽器を増やしていくと楽しいな!ということが分かっていただければ幸いです。

もしお子さまがピアノを習ったりしていたら、無料の範囲で使ってみると楽しいと思います。

今回のアレンジはFlat上で「共有」はいたしません。

入力を試してみたいので楽譜がほしいという方はPDF差し上げますのでtwitter https://twitter.com/Lovely5Fun モフ子までお問い合わせください。