人気ブログランキング にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ

応援お願いします♪

学ぶ

ブラウザで楽譜作成Flat(2)-楽器編成の変更と音符入力の基礎 バイオリン部分の入力

楽譜作成アプリFlat 楽器の変更と音符入力の基礎

(Flatは無料のツールです。もっと欲張って使いたい場合はサブスクコースなどもありますが、私は無料の範囲で使っています。)

自宅のデジタルピアノとの連結が無料では無理かな?ということになったのですが、なんとかお遊びでも使ってみたい。

モフ美(娘)

なんでもやってみることが大事!

というわけで少しずつでも進めていこうかと思います。

前回の記事はこちらです。

楽譜作成アプリFlat ログインと楽譜の初期設定
ブラウザで楽譜作成Flat(1)-ログインと楽譜の初期設定クラウド型楽譜作成ツールFlatの導入について説明しています。...

楽器編成の変更

バイオリン、ピアノ、ミュージックボックスで最初設定してみたのですが、コントラバスも入れてみようかということで、楽器編成を変更してみます。

タイトルの変更

楽器編成ではありませんが、タイトルを変更したくなったら、青枠のところをクリックしましょう。変更画面が出てきてタイトル変更できます。

楽器の移動

移動したい楽器があれば、青枠のところをドラッグして移動します。
今回は一番上にしてみます。

楽器の追加

上の画像にある赤枠の「楽器を追加する」をクリックしてみましょう。

追加できる楽器一覧が出てきます。今回はコントラバスを選択してみました。

モフ雄

これで変更できました。

入力の基礎

鍵盤を押して入力

バイオリンは主旋律担当にしてみます。

入力前は4分休符が入っています。
基本、この休符の通りに音が入るようになっています。

この曲は冒頭4分音符ですので、このまま入力できますね。

1小節入力し終わると、次の小節がでてきます。

ここで問題発生です。ここはドドソソララソー、と2つ分、つまり2分音符にしたいですね。

そんなときはその音符を選択したあと、青枠の2分音符をクリックします。
2分音符になりました!

モフ子

鍵盤を押さなくでも五線譜上で直接入力もできるよ!

2分音符など別の長さの音符を入力したくなったら、先に休符を選択して2分休符にしておき、そのあと音を入力する方法もあります。
(そちらの方が早いかもしれません)

入力メニュー

モフ子

ここで入力メニューを見てみましょう。

以下に画像を3つほど載せてみますが、タイトル下のメニューを切り替えることで本格的な楽譜を作ることができます。

音符

アーティキュレーション

小節

聞いてみましょう

とりあえずバイオリン部分を入力してみました。
12小節ということで、入門にはもってこいな気がしてきました!

モフ子

あとの展開は全く考えないけど(汗)

Flatはその楽器の音で楽譜を再生することができます。

ある程度作成したら「再生ボタン」を押して聞いてみましょう。

好きな楽器で音を出せるので、音符がわかればコツコツ入力していけそうですね!

続きはこちら

楽譜作成アプリFlat 譜面上からできる変更と移調
ブラウザで楽譜作成Flat(3)-譜面上からできる変更と移調 コントラバスの入力楽譜作成ツールFlatを使って楽譜を作成します。譜面上から変更できる機能や移調の仕方を説明します。コントラバス部分の入力も行いました。...