【Contact Form 7】海外スパムメール対策。プラグイン不要、低難易度の2つの方法を詳しく!

【Contact Form 7】海外スパムメール対策。プラグイン不要、低難易度の2つの方法を詳しく!Howto
人気ブログランキング にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ

サイト運営者に届くコンタクトフォームは、ブログやサイトを運営するにあたって必須条件ですが、海外からのスパムメールが届いたことはありませんか?

スパムメールは自動的に配信されるのがほとんど。機械的に送ってくるので、何か判別する素材を用意することで、人為的なのか、機械的なのかをチェックし、機械的なものはブロックするという方法になります。

難易度の低い2つの方法をご紹介します。

モフ子
モフ子

モフ子はとりあえず簡単なものにしましたよ

スポンサーリンク

難易度1 承諾確認チェックボックス

設定方法

この方法はすでに導入している「Contact Form 7」に追記するやり方です。
設定も数分でできてしまうのでカンタン!

  1. 使用しているコンタクトフォームの編集画面を開き、「承諾確認」ボタンを押す
  1. 設定画面が出るので表示したい文言を入れ、チェックボックスのチェックははずしておく。
    一番下の欄に挿入するコードが出てくるのでコピーするか、タグを挿入を選択。
  1. 送信ボタンの1つ前にコードを挿入する。

これでひととおり作業は終わりです。カンタンでした。

この「同意条件」の文言ですが、「サイト規約に同意・承諾の上~」なんて入れてしまうと、気軽に問い合わせできなくなるので、軽い文言にするのがよいかと思っております。

CSSで調整してみよう

できあがったフォームを見てみましょう。

機能は果たしていますが、なんだか殺風景ですね。。

モフ雄
モフ雄

もう少しキレイにならないかな

というわけでモフ子、できる範囲でがんばってみました。

モフ子
モフ子

これでどうでしょう!!!

割とスッキリした見栄えにしたつもりであります!!
では調整方法をどうぞ!!

コンタクトフォームの内容を変更

2カラムにするために、フォームの内容を変える必要があります。

さきほどコンタクトフォームを編集した画面に戻ります。

この画面の内容を下記のように変更してください。

<div class="column"><label>お名前<span>(必須)</span></label>[text* your-name]</div>

<div class="column"><label>メールアドレス<span>(必須)</span></label>[email* your-email]</div>

<div class="column"><label>タイトル</label>[text your-subject]</div>

<div class="column"><label>メッセージ本文</label>[textarea your-message]</div>

<div class=submit-text>[acceptance acceptance-815] チェックしてから送信してください。 [/acceptance]</div>

<div class="submit-btn">[submit "送 信"]</div>

これでコンタクトフォームの内容の変更は終わりです。

CSSをテーマエディターにコピペ

テーマエディターを開きます。

必ず「Cocoon Child」(子テーマ)になっていることを確認します。

ここに下記を追加してください。

/************************************
** Contact Form 7
************************************/
.wpcf7-form div.column{
	display: flex;
	flex-wrap: wrap;
	width:100%;
	margin:10px 0;
}
.wpcf7-form div.column label{
	color:#7703ad;
	width:35%;
	margin-right:5%;
	border-bottom:1px solid #d2a9e5;
}
.wpcf7-form div.column label span{
	color:#dc3232;
	font-size:14px;
}
.wpcf7-form div.column span{
	width:60%;
}
.wpcf7-form div.column .wpcf7-not-valid-tip{
	width:100%;
	font-size:14px;
}
.wpcf7-form .submit-text{
	text-align:center;
	width:100%;
	padding:20px 0;
	color:#dc3232;
	border-bottom:1px solid #d2a9e5;
}
.wpcf7-form .submit-text input{
	width:20px;
	height:20px;
}
.wpcf7-form .submit-btn{
	width:30%;
	margin:30px auto 0;
}
.wpcf7-form .submit-btn input{
	width:100% !important;
	border:2px solid #7703ad;
	font-size:18px;
}

@media screen and (max-width: 480px){
  .wpcf7-form div.column label,
  .wpcf7-form div.column span{
	  width:100%;
	  border-bottom:none;
	}
}

記述最後の「@media screen」はスマホ縦表示のときは、2カラムではなくて1カラムにしています。

お時間あれば、やってみてくださいね。

難易度2 functions.phpに追記

子テーマの「functions.php」に追記する方法です。

設定方法

必ず子テーマのfunctions.phpになっているか確認し、以下のコードを追加します。

//コンタクトフォーム
function wpcf7_validate_spam_message( $result, $tag ) {
  $value = str_replace(array(PHP_EOL,' '), '', esc_attr($_POST['your-subject']));
  if (!empty($value)) {
    if (preg_match('/^[!-~]+$/', $value)) {
      $result['valid'] = false;
      $result['reason'] = array('your-subject' => '日本語で入力してください');
    }
  }
  return $result;
}
add_filter( 'wpcf7_validate', 'wpcf7_validate_spam_message', 10, 2 );

これでタイトルやメッセージ内容に日本語が入っていないものはエラーとして返されます。

英文も用意しているサイトには不向きとなりますね。

難易度1と難易度2の組み合わせ

難易度1と難易度2を両方設定することもできます。

なんかチェックボックスあるから、と押されてしまったとしても日本語が入っていないことでエラーになります。

番外編 reCAPTCHAの導入

難易度1や難易度2をやっても、やっぱりスパムメールがくる。。。ということになったら「reCAPTCHA」を導入しましょう。

「reCAPTCHA」はGoogleのサービスなので登録して使います。

モフ子
モフ子

ここでの説明はしませんが、チャレンジするのもよいですね!

タイトルとURLをコピーしました